腐食制御

Protectosil®で腐食防止コーティング

駐車場、橋梁、建物の保護に関わらず、Protectosil®の腐食防止剤を使用することで、耐用年数の延長とメンテナンスコストの削減を同時に実現することができます。特に、橋梁や幹線道路などのインフラストラクチャーの建物には、将来的な道路工事の必要性を減らすことができるというメリットがあります。

鉄骨鉄筋コンクリート構造物の長寿命化と低メンテナンスコスト化

世界中の駐車場は、車と一緒に入ってくる水、汚れ、塩分の影響を受けています。米国のモンロー郡の駐車場では、Protectosil® CITの使用が修理戦略の一部として採用され、11年以上にわたり防錆効果を発揮しています。
世界中の駐車場は、車と一緒に入ってくる水、汚れ、塩分の影響を受けています。米国のモンロー郡の駐車場では、Protectosil® CITの使用が修理戦略の一部として採用され、11年以上にわたり防錆効果を発揮しています。
Protectosil® CITは、米国ペンシルバニア州にあるコモドール・バリー橋の9万qのコンクリートデッキを腐食から守ります。
Protectosil® CITは、米国ペンシルバニア州にあるコモドール・バリー橋の9万qのコンクリートデッキを腐食から守ります。
中国の杭州湾大橋では、デッキを支えるために7,000本の鋼杭が使用されています。これらの杭には40,000リットルのProtectosil® CITが使用されており、水や有害な汚染物質を効果的に除去しています。
中国の杭州湾大橋では、デッキを支えるために7,000本の鋼杭が使用されています。これらの杭には40,000リットルのProtectosil® CITが使用されており、水や有害な汚染物質を効果的に除去しています。
鉄筋コンクリート構造物は時間が経つと腐食することがあります。 Protectosil® CITは、腐食に対して長持ちする深いバリアを構築します。
鉄筋コンクリート構造物は時間が経つと腐食することがあります。 Protectosil® CITは、腐食に対して長持ちする深いバリアを構築します。

Protectosil® DRY CITは、耐久性のある防錆特性を持つ高級コンクリート補修用モルタルの調合に使用されます。
Protectosil® DRY CITは、耐久性のある防錆特性を持つ高級コンクリート補修用モルタルの調合に使用されます。

公共・民間を問わず、建物、橋梁、駐車場などに大きなコスト削減効果をもたらします。
Protectosil®による防食は科学的に証明されています。新しい鉄筋コンクリート構造物の耐用年数と耐久性を向上させるだけでなく、すでに損傷を受けた建物の補修やメンテナンスにも適しています。

新・既存構造物の腐食対策

Protectosil® CITは、鉄筋コンクリートの腐食防止のために、実質的に無溶剤で表面に塗布する製品で、新築および既存の構造物の腐食を軽減することが実証されています。

コンクリート混和剤としての腐食防止添加剤

Protectosil® WA CITは、特に鉄筋コンクリート、吹付けコンクリート、プレハブコンクリートを塩化物による腐食から保護します。この製品はコンクリート全体に均一に分布し、乾燥収縮を低減します。

ドライミックスモルタル用腐食防止剤

Protectosil® DRY CITは、乾式モルタル配合用の防食添加剤で、特に鉄筋コンクリートの防食のためのコンクリート補修モルタルに使用されます。数々の賞を受賞しています。

Multifunctional Silane Systems™を主成分とするセメント混合建築資材用の高性能水分散性粉末腐食防止コーティング剤

ダウンロード