Search

大量疎水化。効率的で費用も節約できる。

コンクリートの毛細管吸引現象による水分の吸収は、

Protectosil® DRY CIT

Protectosil® DRY CIT

標準疎水化により抑制されることは知られています。過去に、単量体アルキルアルコキシシランが特にこの効果を発揮するのに有効であることがすでに証明されています。残念ながら、この標準疎水化を施すには、コンクリート表面の工事に追加の工程を加えなければならないことになります。スケジュール面、コンクリートの養生、または作業現場での制約などから、実現は不可能です。Protectosil® MH 50には、新たに作業工程を増やすことなく水の吸収を抑えることができるというメリットがあります。養生前のコンクリート混合物に直接加えることができます。粉末の混和剤で、Protectosil

851 は撥水剤、Protectosil® DRY CITは腐食防止剤です。これらの調剤は、水中で容易に分散されるため、活性成分が均一に分布されます。

標準疎水化と比較した場合の大量疎水化のメリット:

  • 作業工程が少ない。

  • 浸入度は問題にならない。

  • 気象条件に左右されない。

Protectosil® DRY CIT
詳細